モルディブ旅行の始め方

モルディブのホテルリゾートの選び方!絶対に失敗したくないあなたに抑えておきたい7つのポイント

楽しみなモルディブ旅行。せっかくなら120パーセント満足な旅にしたいですよね。モルディブ旅行を「最高だった」と思える旅行にするためにはリゾート選びにかかっているといっても過言ではありません。

なぜなら、モルディブは1島1リゾートが基本で、滞在中は基本的にずーっとリゾート内で過ごすことになるからです。

ほかの海外旅行先と違って、あちこち移動することはありません。したがって、リゾート選びが非常に重要です。

そこでこの記事では、2019年にハネムーンでモルディブに行った管理人が「失敗しないモルディブのリゾートの選び方」についてまとめましたので参考にしてみてください。

管理人
管理人
私は過去10ヶ国以上訪問していますが、モルディブ旅行がその中でもダントツで最高の海外旅行でした♪そんな経験も含めてお伝えできればと思います。

 

失敗したくないあなたに!ホテルリゾートの選び方7個のポイント

モルディブは1,000以上の小さな島からできている国ですが、その中の約100の島にリゾートが建設されています。

つまりモルディブ旅行に行く場合は、その100のリゾートの中から自分にピッタリのリゾートを選ぶ必要があるということです。

これは非常に大変で、私自身もリゾート選びには非常に苦労したことを覚えています。そしてやはり「行ってみたからこそ分かる、リゾート選びのポイント」というのもあります。

そういった経験も含めて「失敗しないリゾート選びのために考慮すべきポイント」というのを7個厳選しました。

リゾート選びの7つのポイント

①リゾートの位置
②島のサイズ
③水上ヴィラかビーチヴィラか
④何をして過ごしたいのかを明確にすること
⑤建物のデザインやインテリア
⑥リゾートのランク
⑦リゾート内のレストランの質

管理人
管理人
私が考えるモルディブのリゾート選びのポイントは以上の7個です。この後1つずつ詳しく解説していきますので参考にしてみてください♪

ポイント①リゾートの位置

モルディブはリゾートの位置によって、マーレ国際空港(モルディブの玄関口、全員ここから入ります)からのアクセスが異なります。

リゾートの位置は大きく分けて4つあり、その位置によって「飛行機で行くのか」「船で向かうのか」に分かれます。

飛行機で行く場合はプロペラ飛行機のため、日が昇っている間しか移動できませんが、船であれば何時に着こうが、すぐにリゾートへ移動することができます。

そのため飛行機で移動する必要があるリゾートへ行く方はマーレ国際空港に着いた後、空港近くで一泊する場合もあります。

つまりリゾートの位置1つで、「リゾートに滞在できる日数」も変わってくるので注意が必要です。

管理人
管理人
管理人は夜9時くらいににマーレ国際空港に着いてそこから30分ほど船に乗ってジュメイラ ヴィタヴェリというリゾートに滞在しました。ただ、夜に着いてしまうと真っ暗でモルディブらしさは感じられないので個人的には日中に着くような日程で行かれる方がいいのではないかな?と思います。

人気のリゾートのある主要4エリア

そんなモルディブですが、リゾートの位置を語る場合には下記のように大きく4つのエリアに分けて説明されます。ここでは1つずつ簡単にご紹介します。(分け方はいろいろあります)

<モルディブリゾート主要エリア>
・北マーレ環礁エリア
・南マーレ環礁エリア
・アリ環礁・バァ環礁エリア
・ハーアリフ環礁・アッドゥ環礁エリア

北マーレ環礁エリア

首都マーレや空港が含まれる北マーレ環礁エリア。空港から近く、早くからリゾート開発が始まり、多数のリゾートが存在します。空港からはスピードボート(船)で10分~1時間ほどでアクセスできます。

スピードボートで移動できるのは、この北マーレ環礁エリアと南マーレ環礁エリアですが、南マーレ環礁エリアは海流の影響を受け船が揺れやすいので、船が苦手な方は北マーレ環礁エリアがおすすめです。

 

南マーレ環礁エリア
引用:http://www.vacation-ota.co.jp/index.php/maldives/more-resort-south-male-atoll-maldives/

北マーレに次いでリゾートが多いエリアです。こちらも、空港からのアクセスはスピードボートで10分~1時間です。

北マーレ環礁に比べて海流の影響で船が揺れますが、ダイビングのスポットとしてはマンタなどの大物に出会えることもあるエリアで、ダイバーから人気があります。

また比較的豪華なリゾートが多く、日本人にも人気のエリアとなっています。

 

アリ環礁・バァ環礁エリア

海上で離着陸する水上飛行機の普及に伴い、リゾート開発が進んでいるエリアです。マーレ国際空港から水上飛行機で20分~30分

水上飛行機は飛行機よりも高度の低いところを飛ぶので、美しいモルディブの海を空からゆっくり見ることができます。

注意点は水上飛行機のフライトは昼間のみであること。マーレ国際空港に到着する時間によっては次の日まで水上飛行機に乗れないこともあります。

場所が少し不便な分、南マーレ環礁・北マーレ環礁エリアよりもコスパの良いリゾートもあります

 

ハーアリフ環礁・アッドゥ環礁エリア

マーレ国際空港から国内線の飛行機で移動し、さらにそこからスピードボートなどでリゾートへ移動します。

リゾートの数はまだ少ないですが現在も建設が進んでいます。非常に不便な場所にはなりますが、開発が進んでいない分、手付かずの美しい海を見ることができます。

 

ポイント②島のサイズ

島のサイズはリゾートによってまちまちです。歩いて30分以内に一周できる島もあれば、自転車で移動する必要があるほど広い島もあります。

基本的に島から出ないのがモルディブでの過ごし方です。島が広ければ広いほど、島の中で楽しめるアクティビティが多くなる傾向にあります。

ちなみに島の大きさは単純に面積で規模感を想像しても良いですが「客室数」で考えた方が規模感というのがイメージしやすいです、

また広ければ良いというものでもなく、リゾートが広ければそれだけ滞在する人の数も増えてくるので、「自分がどんな過ごし方をしたいか?」によって決めるのが良いと思います。

なお、客室数が少ないリゾートの方が一軒一軒のヴィラが広く贅沢な作りになっていることも多いです。

参考までに有名なリゾートの客室数は以下のようになっています。

管理人
管理人
何となく個人的な印象ですが100前後くらいがちょうどいいのではないかな?と考えています。

<主なリゾートの客室数>
コンスタンス ハラヴェリ▶︎86室
バロスモルディブ▶︎74室
フヴァフェン フシ▶︎44室
コンラッド モルディブ ランガリ アイランド▶︎131室

 

ポイント③水上ヴィラかビーチヴィラか

モルディブと言えば水上ヴィラのイメージですが、多くのリゾートでは水上ヴィラ以外にもビーチヴィラといった客室もあります。

この「客室のタイプ」によっても過ごし方や料金などが大きく変わってきますので「自分はどんなモルディブライフを送りたいのか?」を考えてヴィラのタイプを決める必要があります。

水上ヴィラのメリット

メリット①水上ヴィラならではの特別感

水上ヴィラのメリットは様々ありますが、何よりもこの「特別感」というのが最大のメリットです。

窓から、透明な床から、美しい海をいつでも独り占め。朝焼けの海、昼間の真っ青な海、夕焼けの海をお部屋からゆっくり眺められ、気が向いたら海に入り魚と一緒に泳ぐ。

こんな特別感を味わえるのは水上ヴィラだけです。

メリット②水上ヴィラから直接海へ降りられる

モルディブへ行ったらたくさん海で遊びたい!というアクティブ派な方にも水上ヴィラはおすすめです。ほとんどの水上ヴィラでは部屋から直接海へ入れるようになっているからです。

「別に部屋から直接入れなくてもいいんじゃない?」と思う方もいるかもしれませんが、部屋から直接海に行けると、好きな時に、気分が向いたら、好きな時間だけ入れるので海を満喫することができます。

また海から上がってもそのまま風呂に入ったり、バルコニーでくつろいだりできるので「贅沢感」「快適さ」が全然違うのです。

ビーチヴィラのメリット

お値段が魅力的

同じ島のリゾート内でも水上ヴィラとビーチヴィラでは値段が大きく違います。ビーチヴィラの方がずっとリーズナブルです。

例えば私が宿泊したジュメイラでは、水上ヴィラに比べるとビーチヴィラは半分くらいの価格設定になっていました。

そのため、とりあえずモルディブを楽しみたいという方は価格面を考慮してビーチヴィラに泊まるのも1つの手かと思います。

ビーチヴィラであっても、コテージの種類以外には差は何もありませんので自分の優先順位に沿って選ばれると良いと思います。

水上ヴィラに宿泊した私の意見

ちなみに私は新婚旅行でモルディブの水上ヴィラに宿泊しました。

水上ヴィラは今でも鮮明に思い出すほどとっても素晴らしい体験でした。ただ、金額としては新婚旅行など特別な旅行でなければちょっと出せないお値段設定となっています。

そのため個人的な意見としては

・新婚旅行など特別な旅行で一生の思い出にしたいなら水上ヴィラ
・気軽にリゾート気分を楽しみたいならビーチヴィラ

といった感じで使い分けるのが良いのかなと思います。モルディブ旅行に行く際に色々な方のレビューを見ていましたが、「水上ヴィラにしたらよかった」という声もちょこちょこ見かけたので、一生に一回の大切な旅行であれば水上ヴィラの方がおすすめです。

水上ヴィラの特別感は新婚旅行に相応しいものでした。普通にリゾートとして楽しみに行くのでしたら、ビーチヴィラでも十分楽しめると思います。

 

ポイント④何をして過ごしたいのかを明確にすること

あなたにとってベストなリゾートを選ぶためには「モルディブで何をしたいのか」「どんな過ごし方をしたいのか?」を明確にする必要があります。

例えば「シュノーケリングを楽しみたい」「とにかく部屋で贅沢な気分を味わいたい」「料理が美味しいレストランがいい」「コスパが良いリゾートが良い」など求めるものは様々です。

こんな感じで、あなたにとって重視するポイントで「ベストなリゾート」というのは変わってきます

例①シュノーケリングをしたい場合

モルディブのリゾートならどこでもお魚がいてシュノーケリングが楽しめる…というのは実は間違いです。

海は綺麗でも、リゾートによっては魚が少ないこともあります。というのも魚たちはサンゴ礁の近くに生息しているからです。

そのため、シュノーケリングなどを楽しみたい方はハウスリーフと呼ばれる島を取り囲むサンゴ礁があるリゾートが理想です。

さらに、ドロップオフと呼ばれる水深が急に深くなる箇所はさらに魚がたくさん。ビーチからドロップオフが近いと気軽にたくさんの魚を見ることができます。※ただしドロップオフは危険もあるので注意は必要です。

シュノーケリングを楽しみたいのであれば、以下を基準に選ぶのがおすすめ!

・ハウスリーフのある島であること
・ドロップオフが島から近いこと

 

例②何も考えずにゆっくり過ごしたい

日常から離れて何も気にせずに過ごしたい、という方はオールインクルーシブプランを検討するのもおすすめです。

オールインクルーシブプランというのは、食事やアクティビティなどリゾートでの滞在中の費用が全て込みの宿泊プランです。

オールインクルーシブプランであれば、滞在中この飲み物や料理はいくらかな…などと気にする必要がありません。思う存分、食べて、飲んでゆっくりすることができます

ただ、オールインクルーシブプランの場合基本的にアルコールも飲む前提の料金設定になっているので「お酒を飲まない」「あまり飲めない」という方にとってはコスパが悪いのでその辺も含めて検討してみてください。

 

例③色々なアクティビティをやってみたい

モルディブのリゾートではリゾート毎に様々なアクティビティが用意されています。ホテルのホームページや口コミサイトから事前に確認し、どんなアクティビティができるのか確認したうえで申し込まれることをおすすめします。

特に雨季に行かれる場合は、雨で海に入れないという場合もありますので「雨の日に時間が潰せそうかな?」というのも考慮して選ぶのが良いと思います。

モルディブ旅行は雨季でも楽しめる?実際に行ったので感想と注意点をお伝え!モルディブ旅行を検討しているけど、旅行にいける時期がモルディブの雨季に当たる季節・・・雨季に行ってもモルディブって楽しめるのかな? ...

リゾートで用意されているアクティビティの例
・シュノーケリングやダイビングなどのマリンアクティビティ
・エステ
・ヨガ
・ローカルの島訪問(リゾートではない、地元の人が暮らしている島を訪問します)
・無人島トリップ
・クルージング
・フィッシング
・ダイビング

リゾートに着いてからゆっくり決めても良いですが、そもそもそのリゾートには希望のアクティビティがないという場合もありますので事前に確認した上で行かれることをおすすめします。

 

モルディブリゾートの選び方のポイント⑤建物のデザインやインテリア

モルディブはリゾートごとに建物の雰囲気やデザインが様々です。高級ブティックのような洗練された高級感のあるところから、アジアンテイストな雰囲気、モダン建築のようなものまで。

同じ5つ星リゾートであっても、リゾートのコンセプトによって雰囲気や部屋の内装、インテリアまで大きく異なってきますので「自分に合った雰囲気」のリゾートを選ぶのは満足度に大きく影響します。

例①ナチュラルな雰囲気のお部屋

例えばギリ ランカンフシはセレブも愛用する高級リゾートですが、お部屋はナチュラルで落ち着いた雰囲気です。

エコリゾートとも呼ばれるリゾートは自然素材を多く使ったお部屋で、居心地良く過ごすことができます。

ラグジュアリーな雰囲気

新婚旅行なら、お部屋も高級感のある雰囲気が嬉しいですよね。

例えばジュメイラ ヴィタヴェリというリゾートはドバイの名門ホテルが手がけています。お部屋の中まで細部にこだわったラグジュアリーな空間が広がっていて、特別感たっぷりです。

アジアンな雰囲気

海外に来たとお部屋でも実感できるのがアジアンな雰囲気のお部屋。

バンドスモルディブというリゾートは、シンプルな中にもアジアンな雰囲気が感じられます。木を多く使ったインテリアで、落ち着いた感じを醸し出しています。

モダンな雰囲気

リゾートの中にはモダンな雰囲気の造りをしたものもあります。例えば・コンラッド モルディブ ランガリ アイランドは、客室内が近代的なホテルのような内装でシンプルで綺麗な作りとなっていたりします。

 

ポイント⑥リゾートのランク

リゾートから出ない過ごし方になるモルディブ旅行。リゾートのランクは非常に重要です。結局のところ、お部屋のグレードや料理・客層・リゾート全体の雰囲気はリゾートのランクに左右されます

特に、新婚旅行であればリゾートのランク選びには気を配った方が良いと思います。ファミリー層が多かったり、リーズナブルなリゾートで済まそうとしたりすると、新婚旅行らしくないと感じてしまうかもしれません

ちなみにバロスモルディブワン & オンリー リーティ ラなど大人専用のリゾートもありますのでそういったリゾートも検討してみてください。

管理人
管理人
管理人が宿泊したジュメイラはキッズスペースなどもあるリゾートでしたが、子供連れのファミリーが3割くらいの感じで適度に子供もいて和やかな雰囲気でとても気持ちが良かったです。大人専用も良いと思いますが、子供が全然いないというのも寂しいような気もします。

 

ポイント⑦リゾート内のレストランの質

モルディブでの滞在は基本的にずーっと同じ島に滞在することになるため、食事というのは極めて重要です。

仮に居心地がとても良いリゾートであっても食事が微妙だとリゾートの魅力も半減してしまいます。下記の記事にも書きましたが、モルディブの満足度を左右する大きなポイントですので「どんなレストランがあるのか?」「クオリティは高いのか」というのは気にかける必要があります。

モルディブの食べ物って美味しいの?実際に行ったので感想をお伝えしますモルディブ旅行を検討しているけど「そういえばモルディブって料理は美味しいの?」「どんな感じの料理が出てくるんだろう?」と少し不安に思って...

ちなみにリゾートによってはレストランの数が1つしかないものからコンラッド モルディブ ランガリ アイランドのように10以上のレストランがあるリゾートもあります。

しかし大切なのはレストランの数ではなく、そのクオリティです。モルディブのリゾート内のレストランは基本的に毎日異なる料理を用意しているうえ、選択肢も多いため、おいしいレストランがあれば仮に1つしかレストランがなくても満足度は高いです。

反対にたくさんのレストランがあっても、クオリティが悪ければ結局満足度は低くなるので慎重に選ぶ必要があります。

 

モルディブのリゾート選びのポイントまとめ

以上、モルディブのリゾート選びのポイントを解説してきました。今回ご説明した内容は管理人が実際にモルディブ旅行に行って体感したポイントですので、ぜひ参考にしていただければ有り難いです。

下記にてもう一度ポイントを挙げておきますが、この中でも最も重要だなと思うのは「リゾートの雰囲気」と「レストラン」ではないかな?と思います。

リゾート選びの7つのポイント

①リゾートの位置
②島のサイズ
③水上ヴィラかビーチヴィラか
④何をして過ごしたいのかを明確にすること
⑤建物のデザインやインテリア
⑥リゾートのランク
⑦リゾート内のレストランの質

この2つが自分に合わなければ素直に「モルディブに来てよかった」と思えないかもしれません。それくらい重要な要素ですのでしっかりと吟味して選んでみてください。(意外と直感は重要です)

また、どのリゾートを選ぶにせよ口コミを見ると必ず何かしらのマイナスポイントは語られているので、マイナスポイントではなくプラスの口コミを見て気分を上げて選ぶ方が幸せではないかなと思います。

\姉妹サイトもぜひ!/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA